こんにちわ。ZinRyuです。

革靴のサイズを選ぶときに「41」や「7.5」など見慣れないサイズ表記が登場して戸惑ったことはありませんか?

普段から選び慣れてでもいない限り、「センチメートル(cm)と単位が違うことはわかるけど何の単位かわからない」あるいは「そのなかでどのサイズが自分に合っているのかわからない」ということはよくあると思います。

この記事では、そんな疑問に答えつつ、自分に合ったサイズの靴の選び方をお伝えしたいと思います。

海外の靴サイズ(EU・UK・US)の換算表

センチメートル(cm)以外のサイズ表記は主に以下の 3 つがあります。

  • ヨーロッパサイズ:EU
  • イギリスサイズ:UK
  • アメリカサイズ:US

海外のブランドの靴だけでなく日本のブランドでも、革靴であればセンチメートルサイズではなく上のいずれかのサイズ表記がなされていることがあります。

普段センチメートルサイズに慣れている私達からすると混乱するポイントだと思います。

でも、順を追ってご説明するのでご安心ください。

まず、センチメートルサイズからそれぞれのサイズへ換算するには、以下のような換算表を用います。

cm
  • 20.0
  • 20.5
  • 21.0
  • 21.5
  • 22.0
  • 22.5
  • 23.0
  • 23.5
  • 24.0
  • 24.5
  • 25.0
  • 25.5
  • 26.0
  • 26.5
  • 27.0
  • 27.5
  • 28.0
  • 28.5
  • 29.0
  • 29.5
  • 30.0
  • 30.5
  • 31.0
  • 31.5
  • 32.0
  • 32.5
  • 33.0
  • 33.5
  • 34.0
  • 34.5
  • 35.0
  • 35.5
  • 36.0
  • 36.5
  • 37.0
  • 37.5
  • 38.0
  • 38.5
  • 39.0
  • 39.5
  • 40.0
  • 40.5
  • 41.0
  • 41.5
  • 42.0
  • 42.5
  • 43.0
  • 43.5
  • 44.0
  • 44.5
  • 45.0
  • 45.5
  • 46.0
  • 46.5
  • 47.0
  • 47.5
  • 48.0
  • 48.5
  • 49.0
  • 0.5
  • 1.0
  • 1.5
  • 2.0
  • 2.5
  • 3.0
  • 3.5
  • 4.0
  • 4.5
  • 5.0
  • 5.5
  • 6.0
  • 6.5
  • 7.0
  • 7.5
  • 8.0
  • 8.5
  • 9.0
  • 9.5
  • 10.0
  • 10.5
  • 11.0
  • 11.5
  • 12.0
  • 12.5
  • 13.0
  • 13.5
  • 14.0
  • 1.5
  • 2.0
  • 2.5
  • 3.0
  • 3.5
  • 4.0
  • 4.5
  • 5.0
  • 5.5
  • 6.0
  • 6.5
  • 7.0
  • 7.5
  • 8.0
  • 8.5
  • 9.0
  • 9.5
  • 10.0
  • 10.5
  • 11.0
  • 11.5
  • 12.0
  • 12.5
  • 13.0
  • 13.5
  • 14.0
  • 14.5
  • 15.0
EU
UK
US

換算式を使って計算することもできるのですが、計算が面倒であることや計算ミスの可能性があることから、基本的には換算表をみて適切なサイズを選ぶほうが速くて確実です。

換算表の使い方

前提として、換算表は「試着するべきサイズ」の候補を出すために使います。

最終的に選ぶサイズは、その候補のなかから実際に試着して選ぶ形になります。

というのは、仮にサイズが合っていても靴の形が足に合うかという問題があるからです。

足が太めの方は換算したサイズよりも大きめのサイズの方が足に合いやすいですし、逆に足が細めの方は小さめのサイズの方が足に合いやすいです。

というわけで、換算表を使って試着するサイズを選ぶ → 実際に試着して最終的なサイズを選ぶという流れが基本になります。

(後ほど試着方法も詳しく解説します)

STEP 1. 自分の足長を把握する

換算表を使う前に、まず自分の足長を把握しておく必要があります。

「いつもスニーカーでは◯ cm を選んでいるから自分の足長は◯ cm でいいだろう」と思った方、ちょっと待ってください。

スニーカーと革靴ではそもそもサイズについての考え方が異なるので、何となく自分の足長を把握しているつもりでも一度しっかり自分の足の長さを測り直すことをお勧めします。

測り方ですが、まず以下のものを用意します。

  • メジャー
  • 箱や本など、長方体のものを 2 つ

箱や本など、長方体のものの 2 つのうち 1 つは足のサイズより幅があるものを用意します。

用意ができたら 2 つの長方体のうち足のサイズより大きい方を壁にぴったりと付け、それと平行に足を置きます。

つぎに、1 つ目の長方体と直行するように(壁と平行になるように)、もう一方の長方体を足の先に置きます。

言葉で説明すると難しく感じますが、要は下の写真のような状態を作ります。

そしたら足を壁から離し、壁から壁と平行に置いた長方体までの長さを測ります。

壁から長方体までの長さを測る

ここで出た数値が足長になります。

測るのは右足左足どちらでもかまいません。もし、左右差が気になる方は両足の足長の平均をとっても OK です。

STEP 2. 足長をもとに換算表の最上段から該当するセンチメートルサイズを選ぶ

自分の足長が測れたら、換算表からセンチメートルサイズを選びます。

センチメートルサイズの選び方は、**0.5cm 刻みで切り捨て**というルールで選びます。

例えば、足長が 26.95cm の場合は 26.5cm を、足長が 26.45cm の場合は 26.0cm を選ぶといった感じですね。

STEP 3. センチメートルサイズから「基準となる海外サイズ」を選ぶ

センチメートルサイズを選んだら、つぎに換算したいサイズのなかから対応するサイズを一つ選びます。

例えば、EU サイズへの換算をしたい場合は、2. で選んだセンチメートルから対応する EU サイズを一つ選びます。

選び方は、該当するサイズの枠の右側の線から垂直に降ろしたところにあるサイズになります。

例えば、2 で選んだサイズが 26.5cm の場合、EU サイズでは 42.0、UK サイズでは 8.5、US サイズでは 9.5 を選ぶことになります。

ここで選んだ海外サイズが、つぎのステップで試着候補を選ぶための「基準となる海外サイズ」になります。

STEP 4. 「基準となる海外サイズ」から試着候補とするサイズを選ぶ

最後に「基準となる海外サイズ」から試着候補とするサイズを選びます。

EU サイズの場合は ±1 サイズ、UK サイズと US サイズの場合は ±0.5 サイズを試着候補とします。

例えば、「基準となる海外サイズ」が EU 42.0 の場合、試着候補のサイズは 41.0、41.5、42.0、42.5、43.0 になります。

(ハーフサイズがない場合は 41.0、42.0、43.0 になります)

「基準となる海外サイズ」が UK 8.5 の場合は、8.0、8.5、9.0 が試着候補になりますね。

試着の際に気をつけるべきこと

ここまで試着候補とするサイズの選び方をご紹介してきました。

ここからは実際に試着する際にどういう基準でサイズを選ぶのかをお話します。

先程の例でいうと、EU サイズの靴を選ぶとき、センチメートルサイズが 26.5cm の場合は 41.0、41.5、42.0、42.5、43.0 が試着するべきサイズになります。

これらのサイズの靴を順番に試着して最終的に 1 つのサイズに絞るわけですが、このとき以下の 2 STEP を押さえることで、自分の足に合ったサイズを選ぶことができます。

STEP 1. まずは紐をゆるーく締めてみて店内を歩く

まずは紐をゆるく締めた状態で店内を歩いてみてください。

紐をゆるく締めた状態

そこで踵が浮くようであれば、一つ下のサイズを試すか、別の靴を試した方が良いでしょう。

この場合、足に比べて靴の形状が大きい(幅が広い)可能性があります。

自分の足より小さい靴は履いているうちに馴染みますが、大きい靴はどれだけ履いても馴染むことはありません。

フィットする靴とは、紐を締めて生じるテンションに頼らずとも、ある程度あなたの足に対して押さえが効いているものです。

STEP 2. 紐をできる限りギュウギュウに締めて 10 分〜 15 分店内を歩く

ある程度候補が絞れてきたら、今度は紐をできるだけ強く締めて 10 分から 15 分程度店内を歩いてみてください。

紐をできるだけ強く締めた状態

そこで局所的に不自然な痛みが出てきた場合、長く履くと歩くのに支障がでてきますので、一つ上のサイズを試すか、別の靴を試した方が良いでしょう。

これは足に比べて靴の形がタイトなときに起こりうる現象です。

逆に、全体的にテンションがかかっており、少しタイトかな?思うくらいであれば問題ありません。

履き慣らしていくうちに、革が馴染み適正なサイズ感に育っていきます。

なお、ローファーなど紐靴出ない場合は、STEP 1 と STEP 2 を同時に試すことになります。

すなわち、踵が浮かず、10 分から 15 分程度履いても不自然な痛みがでないサイズを選びます。

個人的には紐靴と異なり調整が効かない分、気持ちタイト目を選ぶ方が良いと思います。

捕捉:cm サイズと海外サイズの考え方の違いって?

ここからは、必ずしも知っておく必要があることではないのですが、そもそもの cm サイズと海外サイズの考え方の違いについてご紹介します。

そもそも靴のサイズってどこの長さを表しているかご存知でしょうか。

実は、センチメートル(cm)サイズの場合は「その靴に合う足の長さ(実足長)」を表しています。

たとえば、日本のメーカーの革靴で 26cm の靴があったとすると、その靴は「26cm の足の長さに合うサイズ」ということになります。

それに対し、海外サイズ(EU・UK・US)は「その靴の内部の空間の長さ(靴の内寸)」を表しています。

(正確には靴を作るときに使う靴型の長さになるのですが、「靴型の長さ = 靴の内寸」と考えてもらってかまいません)

たとえば、海外ブランドの革靴で EU 39 の靴があったとすると、その靴は「内部の空間の長さが EU 6(およそ 26.13cm)の長さである」ということになります。

センチメートルサイズと海外サイズでは、表している長さの対象が異なるのですね。

では、ある靴の内部の空間の長さ(靴の内寸)とその靴に合う足の長さとはどれほどの差があるのでしょうか。

足は靴の中で完全に固定されるわけではなく動くため、靴の中が足の長さと完全に同じ長さだと、動いたときにつま先が靴に当たり足を痛めます。

それを防ぐために「捨て寸」と呼ばれる空間がつま先に必要になります。

この捨て寸を考慮に入れると、

自分の足の長さ + 捨て寸 = 自分の足の長さに合う靴の内寸

となります。

すなわち、自分の足に合う海外サイズは得るためには、自分の足の長さを cm サイズから単に換算するのではなく、捨て寸を足して換算する必要があるということです。

ここが計算が面倒なポイントでもあります。

ちなみに、上の換算表は捨て寸を含めた換算表になっているので、換算表を使うときに捨て寸を意識する必要はありません。

ただ、海外サイズは靴の内側の長さを表しているに過ぎないということ。

これは、言い換えれば「正しいサイズの靴を選ぶ責任とリスクは買う側にある」ということでもありますので、その点は意識したほうがいいかもしれません。

さいごに

今回は、海外のサイズ表記(EU・UK・US)から自分の足に合ったサイズを選ぶ方法について解説しました。

流れを簡単にまとめると、

  1. まず自分の足長を把握する
  2. 換算表を使って試着するべきサイズを選ぶ
  3. 実際に試着して最終的なサイズを選ぶ

です。

すこし面倒かもしれませんが、これで靴ずれなどに悩まされず気持ちよく靴を履ける可能性がグッと高まるはずです。